👸 超短編2 新眠り姫

2022/2/02

👸 超短編2 新眠り姫  超短編第2作をお贈りします。 この作品は紆余曲折がありました。 もともと蝶が登場する作品だったのですが、不評のためそれを削りました。 そうすると、メルヘンの眠り姫に近づいたのでこの題名になりました。 ただし、王子の視点から描いた眠り姫?ですが……(4枚)。



新眠り姫
※クリックするとPDFファイルが開きます。

戻る: 超短編1 ある作家伝
続き: プーシキンについて

twitterシェア Facebookシェア
🤓
kirayn
2022/2/3
SFファンタジーの超短編なので世界観の構築をどうするのか?という疑問がありましたが、前半の大部分をそれに費やして、消化不良を起こさない程度に言語化しているのはアプローチとして面白いと思いました。最初は侍女も石だと思って読んでいましたが、生きていたとは・・・😁
この作品が SF 色を必要以上に出したのは「眠り姫」の別バージョンを意識しすぎたからかもしれません。
短編は、サキ、ビアス、モラビア、川端康成、筒井康隆など皮肉でブラックなのが多いです。オチもないくらいにしたいのですが、さすがにフニャフニャになります。
🐼
峰山進
2022/2/4
🤓
kirayn
2022/2/5
筒井康隆を社会人1年生の時に同期の同僚に勧められましたが、どうも好きになれず、その反動で安部公房を読み始めてしまいハマりました。

SFというのは「未来」をテーマにしたものが多いですが、サイエンス・フィクションなので、科学技術的小説と考えると、私がもっとも尊敬するレオナルド・ダ・ビンチの世界観を描いてもSFになるのではないか?と・・・😁
SF をスペキュラティブフィクションと考えれば、過去の伝説、神話、メルヘンは皆 SF なので、私の https://rakunet.org/p/20220101 も広義の SF です。
ダビンチも恐らく SF、プラトンの哲学も SF でしょう。
ダビンチといえば、カラー画は違いますが、素描を見ると無性に真似て描いてみたくなります。他の画家はそうではないのになぜなのか?
🐼
峰山進
2022/2/6
🤓
kirayn
2022/2/8
レオナルドの絵は「マイクロドット」で描かれているそうで、弟子たちが辞めていった理由もそこにあると聞いたことがあります。会社員時代に15年間インクジェット事業に携わっていたので、人間がマイクロドットで絵画を描くことに興味がありました😁
スーラの点描法なら聞いたことはありますが、そのはるか以前にマイクロドットですか……さすがレオナルドですね。
しかし今はSF小説がはやらないのに、映画はSFだらけ、社会もAI、ロケット、仮想現実、バイオとSFテーマ満載なのはなぜでしょう?
🐼
峰山進
2022/2/9
🤓
kirayn
2022/2/10
「ダ・ビンチ・コード」「天使と悪魔」「インフェルノ」とレオナルドをテーマにした映画はヒットしましたが、たしかにSF映画とは言いませんね。ヴェッキオ宮殿の大広間に描いた壁画「アンギアーリの戦い」が500年の時空を超えて発見された時は感動しましたが、先端技術を駆使してその存在が証明されたことは当のレオナルドも天国でニヤリとしているかも?😁
小説のデッサンじゃそうは行きませんが、アンギアーリのデッサンは結構残っていてそのデッサンというのも美術品なのはうらやましいです。
私は長編を一応完稿し、休息に入りました。たまっていたことを片付け、その後 Chromebook を入手、設定します。
🐼
峰山進
2022/2/11
🤓
kirayn
2022/2/12
おめでとうございます!kindle本はまったく読まれていなので戦略が必要そうです。現時点ではKDPは私からはオススメできませんな(汗)。

Chromebookは持ち運び優先か、デスクトップでイジリたおす?😁
KDP の本をどう探してもらうか、いわば編集者の役割も必要、簡単ではないですね。
今1年にわたって録画してきたTV動画をザッと見直しする作業をやってます。DBは皆定期的にこんなことをやらないと実際使えないので。Chromebookはその後の後……。
🐼
峰山進
2022/2/13
    注意点