VMwareでWindows11

2021/12/15

⭐ VMwareでWindows11  Windows10 のプロダクトキーを買ったばかりで Windows11 への移行と、 私のマシンは Windows11 に対応しないと告げられ、少しばかりカチンときていました。 CPU がギリギリだめで、VMware Player 上にインストールしていたため、TPM 等もだめと言われてしまいました。 5年後にも使えるマシンを自作し、その仮想化領域に Windows や Mac を入れて、アプリ開発にも使いたいと考えました。 性能は AMD Ryzen 7 の CPU、1TB の SSD、GTX1650 の Gカード、64GB の RAM といったところです。


 【朗報 】VMware Workstation 16.2.0にWindows 11用のTPMサポート機能が追加 などという記事を信じ、非商用なら無料で使える VMware Workstation Player に問題の下記コードを書きこんで起動してみますが、一向に TPM という表示が出ません。

managedvm.autoAddVTPM = "software"

 しかたなく、下記参考サイトに書かれているように、VMware Workstation Pro を 30日試用で導入し、 その通り、実行してみました。 そうすると、無事、VMware Player 上で Windows11 を使えるようになりました。

 大体の流れを書くと、VMware Workstation Pro のウィザードで「カスタム」>「Workstation 16.x」を選び、 「インストーラ ディスク イメージファイル」を選択します。
ここで Download した Win10 汎用 ISO を使ってまず Win10 をインストールします (ひょっとして手持ち Product Key が Win11 で拒否されると面倒だし、Win10 で Win11 対応可を確認したかったので)。
TPM有効に必要のため、「セキュア ブート」をチェック、仮想マシンに割り当てるCPUコアの数を 2コア以上に、仮想マシンのメモリは4GB以上に指定しました。 ネットワークは面倒を避けたかったので「ブリッジ」、仮想マシンのディスク容量は100GB、他はデフォルトです。 インストールを開始する前に、設定で表示されると「オプション」をクリックし「アクセスコントール」の「暗号化」をクリック、 TPM追加のため、「ハードウェア」をクリック、下部にある「追加」をクリックし「Trusted Platform Module」を選択しました。

Win11対応表

 Win10 インストール後 WhyNotWin11 にかけてみると、上のように Gドライバ以外は OK でした。 ついで「Windows 11 のインストール メディアを作成する」という方法でクリーンインストールし、めでたく Windows11 が使えるようになりました。 本当は 1 週間ばかり前に、VMware Player で、Microsoft 公認のレジストリ変更の方法でトライした時(結局だめ)、Product Key を認証に使ったので文句を言われるのではないかと思いましたが、何もありませんでした (以前は100日くらい経たないと電話認証だったんですけど、変わったのかな)。

Win11

 まあ、取りあえず、めでたし、めでたし😁。

参考: Windows11 を VMware Workstation 16 Proへインストールする手順

twitterシェア Facebookシェア
🤓
kirayn
2021/1/8
仮想WindowsではWindows10代替用にWindows Server 2019を使っていましたが、最近になって2022が登場したのでとりあえずアマゾンAWSで試しました。Windows11の代替用として使えるのかは不明ですが、まだGCPやPaperspaceでは使えないようなのでしばらくは様子見です😁
情報ありがとうございます。
本当は Ubuntu & Google 系だけで、他は捨ててシンプルにいきたいところなのですが、Python のグイド氏も Microsoft へ行き、日本人は相変わらず iPhone を使いつづけており、どちらも捨てられないようです……。
🐼
峰山進
2021/1/10
🤓
kirayn
2021/1/11
浪費癖を抑えるために仮想化にシフトしましたが、世の中の多くの人、特に日本人は、物欲や所有欲が旺盛なのでOSやアプリの進化に合わせてデバイスを最新の高性能な機種に買い換えることに快感を覚えるのだと思います。しばらくはWindows陣営やアップルは安泰ですな😁
実機か仮想機かはともかく、最近のディスプレイはやたら横長なのが困ります。
物を書いたりコーディングしたりする時、横が縦の2倍というのはきわめて使いにくく、逆の方がいいくらいです。最近は簡単に90度回転できるディスプレイもあるようですが、机の配置はそう簡単には回転できず、結局超縦長になりますね。
ですので私はスクエアタイプのディスプレイを使い出しています。
🐼
峰山進
2021/1/12
🤓
kirayn
2021/1/14
私は引っ越す前までは32インチの液晶テレビをディスプレイに兼用していましたが、引っ越し中に倒して液晶を割ってしまったので24インチのiiyamaにしました。90°回転するタイプですが、結局は横長のまま使っています。1年ほど前にiPadの中古を23,000円で買いましたが、こちらは主に縦長で使っていますね。kindleを読んだりPhotoshopで画像編集したり😁
いろいろやられてますね。
私は画面を机の上と同じと思っているので、デュアルにしたり、トリプルにしたりもしました。結局、コーディングや物書きにちょうどいいのはデュアルで、トリプルは疲れるとわかりました。老眼が進んだせいもあるかもしれません。ダーク系なら一日中ながめていられます。
kindleはしばらく携帯やPCで見てましたが、最近amazonの専用端末を買って、寝っ転がりながら読むことが多いです。
🐼
峰山進
2021/1/15
🤓
kirayn
2021/1/18
コロナ社会を経験してから、それまでは年金でのんびり暮らせれば良いくらいに楽観的に考えていましたが「世の中甘くない」と。

それで今年になってから「5年間で1000万円」収入を得るという目標を立てて、そのひとつの手段として「kindleで電子出版」に向けてマニュアル本を執筆中です。

小説やエッセイなどを書く才能は無いですが、体験的なマニュアル本は書けそうですし、kindleなら昔のように出版にコストがかからないので😁
KDPですね。確かに出版社持込みとか自費出版よりはるかにましですが、本当に利益を上げるのは結構大変かもしれません。
私はスマホアプリを作って月収1万くらいまで持っていく自信はありますが、手間やその後のメンテナンスを考えると割に合わない気もして、二の足を踏んでしまいます。
🐼
峰山進
2021/1/19
🤓
kirayn
2021/1/20
ブログにGoogle広告やアマゾンなどのアフィリエイト広告を貼って稼いでいましたが、最近ではあまり稼げなくなったので方向転換しようと考えてkindle出版にチャレンジしてみようかと。一発では稼げないのはわかってはいますが、今年はA4で100ページくらいの5冊を目標に出版して、累積的な収入増加を期待しています😁
利益が出たら教えてください。Googleも世界的なcookieの利用制限のあおりでしばらく模索が続くかもしれませんね。次はAI活用が伸びて、それからメタバースなどでなく昔ながらのローテクに戻る気が……。
🐼
峰山進
2021/1/21
🤓
kirayn
2021/1/22
今執筆中のマニュアル本は9割がた書いたので、1月中にはリリースできそうです。販売よりkindle unlimitedの読者の読んだページ数に応じた収益を重視してスクリーンショットを多用していますが、スマホで小説を読むのとは異なった読み方になるのでチャレンジャブルですな。収入状況は結果が出たらお知らせします。

ブログからの収益は、ここ3年で10万円 > 7万円 > 3万円と減り続けているので、kindleからの今年の目標はとりあえず3万円ですね😁
お願いします。
うちのブログは利益を考えず、書きたいことだけ書いてますが、もう少し広告収入があってもいいかなと思うこともあり、うらやましいですね。
最近のWindowsは水匠5を入れてAbemaでやらない将棋戦の戦況分析をみるのに使うだけですね(現在 藤井4冠 約75%勝勢)。
🐼
峰山進
2021/1/23
  コメントの注意点